MENU

リョウシンJV錠と痛散湯を比較!どちらが効果が期待出来る?

リョウシンJV錠 痛散湯

 

ドモホルンリンクルでおなじみの再春館製薬の商品“痛散湯”は、腰痛や神経痛にも効果が期待出来る商品という事でよく耳にしますよね。

 

関心をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、そもそもどのような商品なのでしょうか。「痛散“湯”と謳っているのだから液体なの?または、お湯に溶かして飲むってことかな?」そういった疑問をお持ちになる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

また、リョウシンVJ錠と痛散湯を比較すると、効果・効能や価格面ではどの様な違いがあり、どちらの方が期待できるのでしょうか。

 

ここでは、富山常備薬グループの販売するリョウシンJV錠と、再春館製薬の痛散湯、それぞれの違いについて解説します。

 

配合される成分が全く違うので比較は困難

リョウシンJV錠 痛散湯

 

リョウシンJV錠と痛散湯の大きな違いは飲み方です。痛散湯は「漢方薬」です。漢方と聞くと「漢方って薬なの?」と思う方がいるかもしれませんが、漢方薬はれっきとした薬なのです。

 

ここで痛散湯は顆粒と煎じ茶がありますが、煎じ薬の飲み方を知らない方が多いかと思いますので、解説します。

 

“痛散湯”の煎じ薬の飲み方

やかんの中に水600mL と煎じ薬ひと袋 (1日分)を入れ、沸騰させてから弱火で水の量がおよそ半分(300mL) になるまで煎じます。煎じ終えたら袋を取り出 し毎食後(朝、昼、夕)に 1/3ずつご服用します。

 

上記のように痛散湯は、漢方薬の成分を抽出して服用します。そうした点を考えると、顆粒の方が気軽に摂取できると言えますね。

 

次に両商品の違いはどの様になっているのでしょうか?リョウシンJV錠と痛散湯の成分を実際に見ていきましょう。

 

<リョウシンJV錠>

フルスルチアミン塩酸塩 、ピリドキシン塩酸塩 、シアノコバラミン、トコフェロールコハク酸エステルカルシウム 、パントテン酸カルシウム 、ガンマ-オリザノール

<痛散湯>

麻黄(まおう)、杏仁(きょうにん)、?苡仁(よくいにん)、甘草(かんぞう)、防已(ぼうい)

 

リョウシンJV錠は、○○酸が多いように主にビタミンBを補う物質に対して、痛散湯は「痛み」に効果のある漢方薬の成分になります。

 

これらは効果・効能こそ、神経痛や腰痛など、共通している部分もあります。しかしそもそも、痛みに対して働きかけるアプローチ手段が全く違います。その為、残念ながら比較のしようがないのです。

 

効果は大切ですが続けられるかはもっと重要です

リョウシンJV錠 痛散湯

 

上記でもお伝えした通り、リョウシンJV錠と痛散湯は飲み方や成分が異なるため、効果は人それぞれです。また、体質にもよるのでお試しいただいて合う方を続けていく方が良いでしょう。

 

効果はもちろん重要ですが、どちらにも言えることは継続して飲み続けるという事です。鎮痛剤の様に、痛みを覚えた瞬間にその痛みを抑えるという用途の商品ではありません。そこまでの即効性はありませんが、痛みを和らげてくれる手助けをしてくれるのが、こういった薬なのです。

 

飲み続けるって意外と大変ですよね。
痛散湯だと煎じる手間もありますし、1日3回服用しなければならないのが面倒な所ですし、複数回飲むという事で、飲み忘れの可能性も大きくなります。その点リョウシンJV錠は、なんと1日1錠の服用でいいのです。

 

また、続ける面で最も深刻な問題となる『価格』の面においても、リョウシンJV錠の方が痛散湯に比較して非常にリーズナブルとなっています。

 

リョウシンJV錠はお試しも継続も「良心的」です

リョウシンJV錠 痛散湯

 

さて、ここまでお話しして気になるのが価格ですよね。
痛散湯は、税込価格1カ月(30日分)12,960円となっており、顆粒については煎じる手間がない分、お値段も少々高くなり、14,040円となっております。

 

ドモホルンリンクルと同様、どうしても初回無料のお試しセットのイメージしか無かった方がほとんどでしょうから、「え!そんなに高額だったの!?」と驚かれたかもしれませんね。漢方薬は高いイメージですが、その通りお世辞にも安いとは言えない価格です。

 

その点リョウシンJV錠は、名前のとおり“良心”(リョウシン)的な価格となっております。
まずは、試しに1か月分だけ購入してみたいなとお考えの方にお勧めなのが、初回特典の利用です。

 

 

なんと今だけ、初回1,900円(税込2,052円)1カ月の31日分をお試しいただけます。これだったら試す価値がありますね。

 

しかし初回が安いだけなら、それこそ痛散湯も同じです。しかしリョウシンJV錠は痛散湯と違い、継続的に飲みたいという方にも素晴らしいコースをご用意してくれていまして、なんと最大で31%も割引されます。

 

単品でご購入いただくと税込価格4,860円ですが、定期7箱コース2,808円で最大2,052円もお安くなります。毎月2,808円の金額でしたら家計にも優しく、継続もしやすいですね。

 

定期購入になると、どのコースを購入しても送料と代引き手数料は無料になるので安心して購入できますね。
公式サイト限定で初回半額でお求めになれますから、是非この機会にお試しになられると良いですよ(^ ^)

 

リョウシンJV錠 ラークセブン

 

 

リョウシンJV錠と痛散湯を比較!どちらが効果が期待出来る?関連ページ

リョウシンJV錠と痛み止め(鎮痛剤)は一緒に飲んでも大丈夫?
リョウシンJV錠の使用を検討されていらっしゃる方で、痛み止めを現在服用されていて、一緒に併用する事は出来るの?と気になられていらっしゃる方も多いでしょう。ここでは鎮痛剤との併用について解説します。
痛みに効果があるのはリョウシンJV錠?それともグルコンEX?
リョウシンJV錠もグルコンEX錠プラスも、関節の痛みに対して高い効果を発揮してくれるという事で知られています。 ではこの2つを比べた場合、どちらの方が痛みに効果があるのでしょうか?
リョウシンJV錠とウェルヴィーナスの北国の恵みの効果を比べてみた
関節痛の痛みを改善する効果があるとして評判になっているサプリがウェルヴィーナスが販売している、北国の恵みです。 リョウシンJV錠と比べて、北国の恵みはどれくらいの効果があるのでしょうか?
リョウシンJV錠とラークセブンを比べてみた〜効果があるのは?
リョウシンJV錠とラークセブンは比べられることが多いのですが、どちらの方が効果的だという事はあるのでしょうか? その違いを比べてみました。
リョウシンJV錠とヒアルロン酸サプリ | 効果があるのはどっち?
関節痛ケアのサプリメントなどを見ていると、ヒアルロン酸が配合されていることがよくあります。 本当にヒアルロン酸は関節痛の改善に効果がある成分なのでしょうか? また、リョウシンJV錠と比べるとどちらの方が効果があるのでしょうか?
リョウシンJV錠とコンドロイチンサプリはどちらの方が期待出来る?
関節痛の改善や予防でよく用いられている成分が、コンドロイチンです。そんなコンドロイチンを配合したサプリメントは果たして有効に体に働きかけてくれるのでしょうか?調査した結果を解説します。
リョウシンJV錠とグルコサミンのサプリはどっちが効果があるの?
関節痛や神経痛に効果が認められているのは、何もリョウシンJV錠だけではありません。そんな中で、グルコサミンのサプリメントとリョウシンJV錠、果たしてどちらの方が効果が期待出来るの?と気になっている方もいらっしゃるかと思います。果たしてどちらの方が高い効果が見込まれるのでしょうか?

リョウシンJV錠で損をしない為に知っておきたい事

リョウシンJV錠の期待出来る効果や特徴

リョウシンJV錠のちょっぴり不安なウワサの真相を解説!

リョウシンJV錠のトリビア

リョウシンJV錠 VS 〇〇!勝つのはどっち?

リョウシンJV錠で期待出来る効果効能

富山常備薬グループや販売商品について解説!

このページの先頭へ